住宅事情の緩和にトランクルーム

利用者ニーズに応える機能を持つトランクルームの開発

地域毎の住まい方に合わせて増えていくトランクルーム

大都市圏で家財道具に囲まれて寝起きする生活の緩和

大都市圏では依然として続いている人口増加を背景として地価の高い状態が続いています。このため、広い住まいを確保しようとすると住宅ローン返済等、家計負担が重くなってしまいます。従って、戸建て、マンション、アパートのいずれでも敷地面積や床面積が十分な住まいに生活している家庭は少ないままです。多くの家庭では家財道具に囲まれて寝起き生活している状態ですから住宅事情として自慢できるものでありません。しかも、日常生活でなるべく家財道具等を増やさないように気を付けていても納戸に入りきれない洋服や子供の遊び道具等が増えてしまうようです。そこで、不動産賃貸業者がこのようなスペース需要のあることに目をつけてトランクルームの賃貸事業を始めたところ徐々に利用客が増えてきたわけです。

最近は街中に珍しくなくなった屋外型トランクルームを色々な用途に借りる家庭が増えています。ビルや倉庫の一角を借りる屋内型より割高で、セキュリティも十分と言えないかもしれませんが、広いトランクルームを割安で借りられる点が受けているようです。住まいの近くに屋外型トランクルームが見つかると自分の住まいの一部として手軽に納戸代わりに利用できるので、喜んで借りる人が多いようです。貸す業者は使い勝手の良くない敷地に改造したコンテナを置くだけで賃貸料稼ぎができるので、アパートやマンションの立ち並ぶ地域に屋外型トランクルームが増えているわけです。一般的には1か月単位の賃貸借契約のようですが、23週間でも貸してくれるケースもあり、利便性が高いようです。但し、屋外に設置されているだけなので空調設備は設置されておらず、高価な着物の保管場所にはできないはずです。

色々な利用方法を考え出して生活する都会の人

トランクルームの中に保管するものは温度や湿度の影響を受けやすく、また、埃をかぶって汚れる心配もあります。そこで、屋内に保管するのと訳が違うので外気の影響を受けても困らないものや短期間だけ入れておくものを保管するように心がける必要があります。屋外型トランクルームの前まで車の出入りが可能になっているケースが多いので、大きいものや重いものを運び入れておく場合にも重宝することがあるようです。更に、今年のように全国各地で大災害が多発しているので、用意する防災グッズをまとめて保管したり、万一の際、自宅が住めない状態になった時の避難スペースに利用できるメリットを考えている家庭のあるようです。このように、都会暮らしの人たちが狭い住まいをできるだけ居住空間とし、日常生活で使わない家財道具等を自宅近くの屋外型トランクルームに保管して生活するスタイルが根付いています。

人気記事ランキング