トランクルームの活用方法

屋外型トランクルームの利用方法を解説します

屋外型トランクルームでスッキリ生活を手に入れよう

トランクルームとはどのようなものか

最近、街中でトラックのコンテナを積み重ねた倉庫のような施設を見掛けたことがありませんか?この施設は、屋外型トランクルームと呼ばれる貸し倉庫の一種です。貸し倉庫と言っても、企業が利用するような大規模なものではなく、見ての通り軽トラックのコンテナ1つ分ぐらいの少ない容量から利用でき、主に個人の方向けに提供されています。具体的な用途としては、マンション住まいなどで自宅に充分な収納スペースが無い方が、物置代わりに利用するのが一般的です。他にも、出張などで長期間自宅を不在にする場合、賃貸住宅の契約をそのままにするよりも、トランクルームの賃料の方が安いことが多いため、一時的な荷物置き場として利用するケースもあります。以上のように、トランクルームを利用するメリットは、自宅に置ききれない荷物を別の場所に、安価に保管できることです。トランクルームを上手く活用して、スッキリ片付いた生活を手に入れましょう。

では、実際に屋外型トランクルームを利用するには、どのような手続きを行えばよいのでしょうか。多くの屋外型トランクルームでは、看板などに運営会社の連絡先が書いてあることが多いので、まずはそこに問い合わせをしてみましょう。また、インターネットからの利用申請を受け付けている運営会社もあるので、日中は仕事などで電話することが難しい場合にお勧めです。希望するトランクルームに空きがあれば、賃料や契約期間などの具体的な説明があります。借りたい条件とマッチしていれば、晴れて契約締結となり、トランクルームを利用可能です。

トランクルームの利用に掛かる費用

先に説明したように、トランクルームの利用には賃料が掛かります。これは、荷物の保管のために必要となる管理料で、月額や数ヶ月単位での定額であることが多いです。その他にも、一般住宅の賃貸と同じように、敷金や礼金といった初期費用が必要なこともあります。また、当初に契約した期間の途中で解約する場合、解約料が発生することもあるため、注意が必要です。では、賃料がどのようにして決まるかと言うと、いくつかの要素が関係しています。最も影響が大きいのが、借りるスペースの広さです。当然ながら、広ければ広いほど面積に比例して賃料も高額になります。それ以外にも、2階建てのトランクルームでは、荷物の出し入れのしやすい1階部分の方が、2階部分と比べて高額になったり、トランクルームの立地そのものが都市部などの需要が多い地域であれば、相場自体が高いということもあります。一方、屋外型トランクルームでは、屋内型トランクルームと比較して、セキュリティが簡易で済むことが多く、冷暖房などの設備も不要なことから、割安な料金で利用できるケースが多いのが特徴です。いずれにしても、まずは運営会社にしっかりと見積もりを依頼し、自分の利用規模に合った所を契約することが大切です。

人気記事ランキング